ネットで贈れる敬老の日ギフト通販サイトの紹介

敬老の日ギフトで定番のお花とスイーツをセットにしたプレゼントなど、敬老の日にピッタリのお花のギフトを中心に、高齢者の方が健康であるよう祈願して精が付く食べ物のお肉、うなぎなど元気になるグルメギフトなども紹介します♪

敬老の日ギフト インターネット通販

お花

大丸松坂屋オンラインショッピング 日比谷花壇 イーフローラ プリザーブドフラワー の通販サイト【お花ソムリエ】

2021 大丸・松坂屋の敬老の日ギフト フラワー

日比谷花壇

敬老の日ギフト特集

フルーツギフト

ギフトパーク

ハッピーカラフルーツ(フルーツブーケ)

【敬老の日】果物品質保証付☆フルーツの花束「ハッピーカラフルーツ」

お肉

2021年人形町今半の敬老の日ギフト

2021年人形町今半の敬老の日ギフト

うなぎ

四万十うなぎオンラインショップ

【四万十うなぎ】おいしい国産うなぎの通販サイト!

敬老の日の起源


1947年(昭和22年)に兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町八千代区)の村長がよびかけた「としよりの日」がはじまりです。

その後、兵庫県内で「9月15日をとしよりの日」としようとする運動が広がっていきました。

1951年(昭和26年)に中央社会福祉協議会が全国運動を提唱。

「9月15日をとしよりの日」として制定され、「老人を敬い慰め、励ますと共に、老人福祉に対する国民的理解を促進し、老人自身もまたその立場を自覚し、新しい社会建設に参加する」ことを謳って、9月15日から21日までを運動週間として、様々な活動が推進されました。

「としよりの日」は後に「老人の日」となり、1966年(昭和41年)に国民の祝日「敬老の日」へと発展しました。

八千代コミュニティプラザの玄関脇に立つ「敬老の日提唱の地」石碑

そして、2001年(平成13年)の老人福祉法の改正により、9月15日が「老人の日」、同月21日までの1週間が「老人週間」と定められ、、老人福祉の関心と理解を深めるねらいから、敬老会、慰安会などのさまざまな行事が催されています。

なお、「国民の祝日に関する法律」の改正により、2003年(平成15年)から「敬老の日」が9月の第3月曜日となりました。

人生の先輩に感謝する国民の休日

「敬老の日」は、まだ歴史の浅い行事なので、特別なしきたりはありません。

高齢者本人の好物を並べた祝い膳を囲んでなごやかに会食したり、

本人の健康状態に合わせて温泉や旅行を計画するなど、長年、社会に尽くしてきた年長者をねぎらうとともに長寿を祝う気持ちをあらわしましょう。

ただ、最近は「老人扱い」を喜ばないことも。

元気な人には、あえて「敬老の日」を話題にせず、特別なことをしないのも、ある意味では思いやりのある祝い方かもしれません。

また、自分の身内でなくても、ふだんからおとしよりには尊敬を持って接し、敬老の日が終わっても、尊敬と感謝の気持ちを忘れてはいけませんね♪

敬老の日ギフト お花

「敬老の日」は、親や祖父母はもちろん、親しくしている高齢者の方を訪ね、あいさつをして贈り物を届けたりします。

贈り物に決まりはなく、好きな食べ物(例えば、お肉好きなら人形町今半の敬老の日ギフトのお肉とか)やカジュアルな洋服など、趣味や嗜好にあった物を選びます。

何よりも「いつまでも元気で長生きしてください」の気持ちが、いちばんの贈り物といえるでしょう。

そして、その気持ちを伝える際にお花を添えるのはおじいさん、おばあさんが喜ぶと思います。

なぜなら、趣味や嗜好にあったものを贈ったつもりがそうでなかったことも有りうるからです。

お花を贈るメリットは、誰でもキレイなお花を見ると心がときめくものだからです♪

敬老の日のプレゼントは「若々しさ」がポイント。花も明るめの色を選んで。

不老長寿の花 菊

iconicon

【日比谷花壇 】 9月9日は重陽の節句!菊酒や栗ごはんなど菊の節句の行事食と由来icon

敬老の日とは、直接関係ありませんが、中国では菊は「四君子(竹、梅、菊、蘭)」の一つで、不老長寿の薬効があるという言い伝えがあります。

中国では九月九日に小高い丘に登り、菊酒を飲んで邪気を祓いました。

奇数は陽数といい、その最上の九が重なることから特別の日とされ、「重陽節」といわれました。

また菊は霊草で長寿の効があると考えられました。

その風習が日本に伝わり、平安時代、貴族たちは菊花宴を催し、詩歌を詠み、菊酒を酌み交わしました。

「菊綿」といって、夜、菊の花に綿をかぶせ、翌朝菊の露と香りを含んだ綿で体をふくと「老いを捨てる」ことかできるという風流なまじないもありました。

いつしか「菊の節句」といわれ、京都嵐山の法輪寺では菊祭りが催されます。

本堂には菊の露を飲み、不老不死になったとされる菊慈童(きくじどう)が祀られています。

タイトルとURLをコピーしました